小竹製菓について

慶長19(1614)年、高田城築城とともに造られた城下町高田。
400年近い歴史の町は、今もなお町家や雁木の街並みなど、当時の風情を残しています。

大正13(1924)年、小竹製菓はここ高田に和菓子屋として創業いたしました。家庭で日常的に食べてもらえるおやつ「たまごパン」等 を製造し、創業当初はリアカーを引いて販売していました。

昭和28(1953)年、パン部門設立。戦後復興の中、西洋文化の拡がりに合わせて、パン事業、洋菓子事業を始める。「サンドパン」もこの頃誕生する。

飽食の時代、食文化の変化や人口減少なども相まって、作れば売れる時代は終わる。市場の流れに合わせ事業のスリム化(選択と集中)を行い、代々受け継がれてきた和菓子事業と地元上越に育てられたパン事業に集中する。

現在、上越のソールフードとなった名物「サンドパン」の変わらない味を守りつつ、地元上越らしい商品開発や地元企業との事業コラボなど、地域連携を大切にした新しい事業展開を行なっています。上越地域の発展とともに成長していきたいと考えています。

小竹茂雄さん
高田の雁木

上越高田のにぎわいのために

お陰様でもうすぐ100年を迎えようとしています。
これまで育てていただいた上越高田のために、私たち小竹ができること。それは、地元生産者や地元企業と一緒になって上越の新しい価値を創っていくことだと考えています。私たちは菓子作りを通して、上越の魅力を改めて掘り起こし、お客様に伝えていきたいと思っています。また、今後はより健康志向で身近な食材をつかった商品開発なども積極的に挑戦していきたいと思っています。

代表取締役 小竹孝雄
代表取締役 小竹孝雄
スペシャルサンドパン
ブルーベリー

地元上越の生産者とコラボして期間限定イベント開催。
上越産の安心安全な素材とコラボして、上越の美味しさを提供していきたい。

上越の食文化"サンドパン"
変わらないために 変わり続ける

店舗概要

店舗名 小竹製菓
所在地 〒943-0846 新潟県上越市南高田町3-1
代表取締役 小竹孝雄
TEL 025-524-7805
FAX 025-524-1735
営業時間 9:00~18:30
定休日 日曜日、月1回月曜日